海外

タイへの旅 オススメプラン 6日間 パタヤ~バンコク~アユタヤ

タイ 観光から夜遊びまで盛り沢山

海外旅行をお考え方は、タイがオススメだ。

タイをお勧めする理由

1.物価が安い

2.バンコクから2時間以内でタイの名所に行ける

3.夜遊びも充実している

4.雑貨が安く独特

はじめてのタイへのオススメプラン(6日間)

1日目 バンコク空港~パタヤ(到着後:移動、夜:Walking Street)

2日目 パタヤ(昼:ビーチ、マッサージ 夜:Walking Street)

3日目 パタヤ~バンコク(昼:移動 夜:ASOK)

4日目 バンコクから日帰りでアユタヤ(昼:アユタヤへ移動、観光 夜:NANA)

5日目 バンコク(昼:バンコク観光 夜:ASOK)

6日目 バンコク~バンコク空港(昼:観光 夜:空港)

パタヤの魅力

パタヤはバンコクから車で2時間で行ける南国リゾート地。バンコクより物価は安くのんびりしている。観光SPOT は少ないが日本で味わえない感覚を楽しめる。

パタヤの魅力は何と言っても夜遊び”Walking Street”。日本の情勢、コストではありえない遊び。

2度目以降のタイへの旅では主をパタヤに滞在しても良いと思います。

[blogcard url="https://come-on-star.com/%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e7%a9%ba%e6%b8%af%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4%e3%81%b8%e3%81%ae%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9/"]

バンコクの魅力

バンコクの魅力は何と言っても歴史あるお寺集まっている都市だ。

タイのお寺は日本のお寺と異なり金で装飾され、日本のお寺と対する煌びやかな建物が多いです。

バンコクの代表的なお寺

1.ワット・ポー

2.ワット・アルン

3.ワット・プラケオ

はじめてバンコクに行かれる方は、この3大寺院を回っていただきたい。3大寺院に行かれるときは、

バンコク(水上バス)→ ワット・アルン(渡し舟) → ワット・ポー(トゥクトゥク) → ワット・プラケオ

この順で回って頂けると効率的です。

バンコク市内から行かれる方は BTS サパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)にあるターティアン船着場(tha tien)から水上バスを利用して頂きたい。

タクシーやMRT、トゥクトゥクでも行けますが水上バスでバンコクの東南アジアらしい大きなチャオプラヤー川を楽しんで頂きたいです。

バンコクも夜遊びは充実

 

バンコクもパタヤに劣ることなく夜遊びが充実しています。

バンコク夜遊びSPOT

1.ASOK(GoGo BAR)

2.NANA (GoGO BAR)

3.カオサン通り(バックパッカーの聖地)

ASOK,NANAはBTSの駅もある為アクセスは良い。しかしカオサン通りは最寄り駅ラーチャテーウィー(Ratchathewi)駅から4km近く離れている為、タクシー、バイタク、トゥクトゥクでの移動がオススメです。(ぼられる可能性がある為Grabno利用をオススメ。)

アユタヤ

アユタヤと言えばアユタヤ遺跡。

アユタヤへ行かれる方は絶対にオプショナルツアーがオススメです。

アユタヤ観光への私の失敗談

私は、アユタヤへの観光はコストを重視しました。

コストを重視した結果、戦勝記念館から出ているロットゥー(乗り合いバス ワンボックスカー)を利用。アユタヤではレンタル自転車を利用して遺跡を巡る事にしました。

バンコクからアユタヤ迄80km程離れた場所にあります。ロットゥーは60バーツ(約200円)程で利用出ます。しかも定員に達するまで発車しないので窮屈です。

2時間もかからずアユタヤへ到着します。

到着するとロットゥー乗り場には、観光者目当てのトゥクトゥクドライバーがチャーター観光案内を誘ってきます。勿論、観光者Price 30分チャーターで600B(2,000円)とかあり得ない料金を提示していきます。

ロットゥー乗り場付近に自転車レンタル屋があるので自転車を150B(約500円)でレンタル。スマホのGoogle MAPを利用して遺跡群を見て回りました。(レンタルの時パスポートを預けるか200Bのデポジットを要求されます。)

一人でアユタヤ観光の問題

1.自転車移動なので暑い。

2.暑いのでスマホが暴走。固まってスマホが使えない。

3.遺跡に着くたびに拝観料が取られる。

4.遺跡の案内がタイ語、英語の為、遺跡の意味が分からない。

結果的に遺跡の雰囲気を楽しむ事が出来たが遺跡の内容が全く分からない(笑)

コストは抑えられたがアユタヤについての歴史が全く理解できませんでした。

挙句、自転車をレンタルしたお店の場所を忘れ、アユタヤの街を自転車で走りまくりました。(自転車に貼られていたお店の名前を元にGoogle MAPで帰れました。)

自転車レンタルされる方は、Google MAPでピンを立て置く事をオススメします。

2度目のアユタヤで時間にゆとりがあるのであれば、一人でアユタヤに行くのも良いかもしれません。

はじめての方は高くてもオプショナルツアーをお勧めします

まとめ

タイの魅力は色々あります。お寺巡り、お店巡り、食巡り、BAR巡り。

何にポイントを置いてタイ旅行を楽しむか。最初のタイであれば私がオススメしたプランもタイを満喫できます。

他にモーチットのWeek End Market、SPA、タイ料理多くの魅力がある国です。

昨今のタイ、発展が著しく物価も上昇していますが日本と比較したときには物価が安いです。

時間があるならば是非、パタヤ、バンコク、アユタヤを楽しんでみてください。

 

-海外