海外

ベトナム ホーチミン 治安について

ホーチミンの治安について

ホーチミンは、東南アジアの中でも昼夜問わず治安は良好だと感じます。

勿論、海外旅行者をターゲットにしたボッタクリはあります。

ホーチミンで命に係わる事はありませんでしたが嫌な思いはしました。

注意すべき点を記事にしたいと思います。

治安は、他の東南アジアに比較したら安全

TAXIはGrabかビナサン、マイリンで。

ホーチミンのタクシーはビナサン、マイリンを利用している限りはボッタクリ被害は少ないと思います。

勿論、空港では白タクは存在するし街にはビナサン、マイリンに似せた悪徳TAXIも存在します。

トラブルを回避するには、ビナサン、マイリンの車体を覚えて乗る。

ビナサン 38.27.27.27

マイリン 38.38.38.38

車体にこの番号が記載されているかを確認できれば偽TAXIではないと認識してください。

観光移動はバイタクで

東南アジアは渋滞が半端ない。

ホーチミンでの移動手段はバイタクをお勧めします。(コスト、渋滞をすり抜けていく。)

荷物が多い場合、2人以上での移動 、 宿泊先 ⇔ 空港 までの移動。

これら場合は普通TAXIを利用した方がいいですね、

TAXIもバイタクもGrabで利用できます。

夜道の一人歩き

繁華街

特に1区。バックパッカーの聖地ブイビエン通りでは、男女問わず一人歩きしても問題ありません。

あらゆる国の人々が集まり、音楽ガンガンで夜が明けるまで語り合うブイビエン通り。

恐喝、強盗などの心配はないが何しろ人がごった返しているのでスリには気を付けた方が良い。

注意
1.鞄は肩から斜めかけ
2.お金は小分けして持ち歩く。
3.歩きスマホは、極力避ける
4.バイタクに乗る際、スマホは取り出さない。

立ちんぼ(ホンダガール)はトラブルの元

ベトナムは社会主義国なので表向き上、夜遊びは表向きには見当たらない。

しかし、何処の国にもそう言った誘惑はあります。

ブイビエン通りを歩いていると「LADY!LADY!」と声をかけてくる立ちんぼがいます。

その立ちんぼに着いて行くとホンダガールと呼ばれる売春婦が集まってきます。

システムは下記の通り

立ちんぼに声を掛けられる → バイクの後ろに乗った女性たちが集まる → 選ぶ →

立ちんぼにお金を払う(10,000,000VDN=約5,000円) → ホテルに行く  →

女性からチップを10,000,000VDN 要求される。

立ちんぼに「チップは無し」と確認しても女性からチップを要求される。

それでも遊びたい方は、止めはしないが美人局のリスクもあるのでそれなりの覚悟をして遊んでください。

私は全く持ってお勧めはしません。

マリファナ、ハッピーバルーンが簡単に手に入る

マリファナを合法としている国は、世界にいくつか存在しますが日本もベトナムも禁止です。

実際、私も物売りにマリファナを勧められましたが断りました。

ハッピーバルーンは日本でも一時、話題になりましたが日本でも笑気風船として話題になりました。

今の日本では違法です。

ベトナムでは合法ですがバルーンのガスを吸うとハイになるらしいです。

ブイビエン通りのパブで体験できると思いますが国籍が日本である以上、合法な国だからと言って気軽に手を出してはいけません。

注意
1.立ちんぼは、相手にしない。
2.歩きスマホは、極力避ける
3.日本で禁止されているものには手を出さない。

ペンタイン市場は見るだけ

観光名所としてガイドブックにも載っていますがペンタイン市場の雰囲気を楽しむ分にはお勧めしますが買い物をすることは、全くお勧めできません。

理由はボッタクリます!

ブランド品は99.9%偽物。その癖、日本の偽物より高い。(笑)

お土産用のベトナムコーヒーも一袋1,000円。日本の観光地よりも高い。

衣服関係も日本で流通している有名ブランドも並んでいます。質もそんなに悪い感じではない。

しかし、帰国の際、税関に見つけられたら没収です。

無駄な出費を避けましょう。

警察には気を付けて

社会主義国なので警察の権力は強いです。

言いがかりを付けて賄賂を要求してきます。

私がGrabで移動していた際、運転手がバイク専用ロードを誤って走行してしまい検挙されました。

ドライバーが車外で警官としばらく、話していました。

すると後部座席に座っていた私の方に向かってくるではないですか。「ヤバい…」(悪いことしていないが。)

警官「Passport Please.」

パスポートはホテルの金庫… ヤバイ

ベトナムは、パスポートの所持義務がある。

この時、「No speak English and Vietnam」 と言い切って,時を過ぎるのを待っていました。

15分位、このやり取りをしていました。 警官はあきれて去ってしまいました。

効く話によるとここで賄賂を要求されたり、連行されることもあるそうです。

運が良かったです。

私は基本、パスポートの紛失を恐れてパスポートを持ち歩きません。

本当はダメです。

裏通り、Local Street

行きたいお店を行くため為、絶対、観光者が行かない街に行きました。

しかも夜。

歩いている感じ人通りも疎ら。

超ローカルの食堂に入り、春雨スープと春巻きを食べました。

外国人が行くような所では無かったため、店員が珍しそうな目で私を見ていました。

ベトナムはローカルエリアでも一人夜歩きしていても問題なさそうです。

逆に繁華街の方が危険な感じがします。

まとめ

ホーチミンは、危険な誘惑がある為、それさえ気を付ければ男なら夜、一人歩きをしても問題ないレベルです。

何処の国でも湧き出てくる物乞い、物売り、靴磨きだけは注意してください。

靴磨きに関しては靴を触らせたらおしまい。靴磨きで2,000円位ボッテきます。

私は、街で靴磨きの青年と話す機会がありました。

その時、靴を修理してくれましたが1円も取られませんでした。

たまたまかもしれませんが現地の人とコミュニケーションを取る事の楽しみ。

海外に行ったら是非、現地の人とコミュニケーションを取ってみてください。

悪い人もいますが良い人もいます。

結論的に東南アジアでは、甘い誘惑に誘われなければ危険な目に遭遇しないでしょう。

でも、日本ではない事を自覚してください。

-海外