海外

海外旅行 イミグレ【入出国審査】注意点

イミグレの様子

日本出国、渡航先入国、渡航先出国、日本の時にイミグレ【入出国審査】は避けては通れない関門だ。(当たり前)

過去の記事で海外空港に到着したらすべき事を記事にしましたが今回は【イミグレ】にフォーカスを当て記事にして見ました。

[blogcard url="https://come-on-star.com/%ef%bd%9e%e6%b5%b7%e5%a4%96%e7%a9%ba%e6%b8%af%e3%81%ab%e7%9d%80%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%89%ef%bd%9e/"]

こちらも是非参考にしてください。

日本人 日本の空港 出入国審査は自動ゲート

2020年日本の入出国審査は、自動ゲートのスキャン画面にパスポートを載せ鏡に向かって顔認証するシステムだ。

憶測だが過去に警察にお世話になった人、渡航禁止命令を出された人、偽パスポート等問題があった時はゲートが開かず警報が鳴るシステムだろう。私自身、イミグレで日本入出国でトラブルが起きた時は一度もない。周囲で自動ゲートが反応した光景にも遭遇した事がありません。

自動ゲートなのでパスポートにスタンプを押されることもない。(パスポートへのスタンプ希望者には、ゲートを過ぎた所にいる職員にパスポートを差し出すと出国スタンプを押してくれる。)

殆どの日本人は、日本出国は問題なく通過できるだろう。

しかし、問題は渡航先でのイミグレ。だと思いますよね?その前にCAから配られる入出国カード。

殆どの日本人が記入項目の英語の意味が分からず躓くでしょう(笑)義務教育でちゃんと英語を勉強している方なら問題なく記入できると思いますが私の様に義務教育で怠けていた者は分からないでしょう!

入出国カードの記入する為の対策(英語を理解されている方は無視してください。)

1.英語を勉強する

2.渡航先の旅行情報誌を購入しておく。(入出国カードの書き方が書いてあります。)

3.ネットで入出国カードの書き方を印刷。スマホでプリントスクリーン。(オススメ)

今回の記事では、記入項目は省くが滞在先は必ず記入して置く事。【滞在先が未明の場合入国拒否される可能性があります。】

渡航先 イミグレ編

10か国ほどの渡航経験はありませんがイミグレで声をかけられた経験は3回ほど。

殆どの国では入国カードとパスポートを見て両手の指紋を取り、写真を撮影し終了。

3回ほどイミグレで声をかけられた時のエピソードを紹介します。

イギリス【ヒースロー空港】

イミグレ職員:What’s the purpose of your visit?(あなたの入国する目的は何ですか?)

私:sightseeing.(観光)

イミグレ職員:How long will you be in the country?(この国にはどれくらい滞在しますか?)

私:30 (1/22~1/30まで滞在すると言ったつもり。)

イミグレ職員:Do you have a month!!!!!?

私:?????

税関を通過した彼女が飛んで通訳して事なき得ました。

ここでの私の間違えは9daysと言えば良かった事でした。

この時の事前対応策としてパスポートと一緒にEチケットを提出すれば良かった事です。

台湾(桃山空港)

イミグレ職員:目的は何ですか?(日本語で(笑))

私:観光です。

日本人が多く訪れる国の職員は日本語を話せる事もあります。

フィリピン(ニノイ・アキノ国際空港

イミグレ職員:Do you have a VISA?

私:No.

観光でVISAの所持を求められた理由が今でもわかりません。

イミグレの攻略

イミグレの攻略と言うと大袈裟かもしれませんが些細な事から別室に連れていかれる可能性もあります。

殆どの国では30分以上待たされることなんて当たり前です。

ここでは、海外でのイミグレでスマートに通過出来る対策をあげます。

1.入国審査の職員を見て列に並ぶ。

入国審査カウンターはいくつかあります。この時に旅行者のさばき具合を観察しながら並びます。一概にさばき率が悪いからと言って旅行者が質問責めにあっているとは限りません。(旅行者の対応が悪い場合もあります。)

私が12月にタイに行ったときタイの入国、出国で運悪く不愛想な職員の列に並んでしまいました。前に並んでいた外国人は、入出国カードを何度も書き直されていました。しかも、ぶっきら棒な対応で…

空港職員に誘導されない限り、若い女性の職員に並ぶ事をお勧めします。

2.並んでいる時、審査されている旅行者の流れを観察する。

審査の流れ

パスポート、入出国カードを職員に提出 → 右手の指紋を取る → 左手の諮問を取る → 顔写真を撮る

この流れさえ分かれば、英語がわからなくてもスムーズにイミグレを通過できます。

3.疲れていても笑顔で挨拶

顔や挨拶でいい印象を。

入出国カードさえしっかり記入していれば問題なくイミグレは通過できます。人相悪い私でも大ごとになったことはありません。

税関通過について

無事にイミグレを通過出来ればあとは、荷物を受け取り税関を通過するだけ。

日本と海外の税関について

海外編

東南アジアでほぼスルーです。国によって出口で自己申告書を提出する場合があります。

先進国は、一人ひとり入国カードを見ながらヒアリングされることもあります。最悪、荷物を調べられることがあります。

日本入国編

日本の税関が一番、難易度が高いのではないでしょうか?

海外から日本に帰国する時に日本に持ち込んでいけない物を所持しているかどうか検査されます。

日本に持ち込みNGな物

肉類(ビーフジャーキ含)、野菜、果物等の生食物

コピーブランド品

免税範囲外の物(免税範囲 たばこ400本迄、酒3本迄(720ml内)、20万円以内のブランド品etc)【他にも香水等、輸入規制があります。】

ポルノ製品

これらの持ち込みを監視する為に税関職員が荷物検査をします。

見つかれば課税、罰金、没収などされますので気を付けてください。

税関にで止められやすい人

やけにスーツケースが大きい。(2泊3日の旅行に対して不自然な大きさ。)

入出国が頻繁。

そわそわしている。

日本の税関は優秀です。行動や目の動きで不審な人を見破ることが出来るそうです。

私は、過去に一度だけウエストポーチの検査を受けました。(スーツケースは検査されませんでした。)

まとめ

私たちの身近なアメリカは入国審査が厳しい国ランキング世界第二位だそうです。

知り合いに「ハワイで入国拒否された。」なんて話を聞いたことありますか?

皆さんが思う程、イミグレは怖い所ではありません。しかし、一生に数回しか行かない海外。身構えてしまうのは当然。出来るだけにトラブルもなく旅行を楽しみたいですよね。

このブログが皆様のお役に立てれば嬉しいです。

-海外