離婚

はじめての海外旅行 スマホを使うには

海外旅行渡航先でスマホは必須アイテムといってもいい程、海外旅行必須アイテムになっています。

でも、日本からスマホを持っていても使えるの?
日本で契約していた通信会社のSIMで海外使用すると莫大な通信料が請求されるから注意が必要だよ。
それじゃ!もう一台スマホを用意する必要しなければならないの…
大丈夫!一部の機種(SIM解除に対応していない)を除けばSIM解除すれば渡航先で現地のSIMを購入すれば使えるよ!

海外でスマホを使う注意点

日本のスマホをそのまま海外で使用する事も出来ます。
そのまま日本で使用していたSIMが挿入されたスマホで通信が行われると莫大な通信料が請求されます。
日本で使用しているSIMを挿入したスマホを海外で使用する場合必ず「データローミングをオフに設定」してください。
データローミングをオフであればスマホデータ通信は行われません。

SIMフリースマホ & 海外SIM

日本で契約しているスマホをそのまま海外で使用する事が出来ます。

日本で使用していたSIMを挿入したスマホをそのまま海外で使用すると莫大な通信料・通話料を請求されてしまいます。

海外でも自分のスマホで通信・通話をする場合には渡航のSIMを購入する必要があります。

渡航先のSIMを使用するためにはSIMフリーのスマホが必要になります。

SIMフリーとは

オンラインショップ(docomo/au/softbank)や携帯ショップ(docomo/au/softbank)から購入したスマホを他の通信会社で購入したSIMを挿入しても通信する事はできまん。
キャリアスマホ(docomo/au/softbak)を他の格安SIMを使用すにはSIM解除が必要になります。

自分が使っているスマホがSIMフリーか分からない

キャリア(docomo/au/softbank)からスマホを購入し、購入後「SIM解除した」覚えがないスマホはSIMがロックされています。(他通信会社のSIM挿入しても通信ができません。)

 

WIFI設備がある施設(ホテルやカフェ・空港等)ではSIMロックスマホでWIFIつうしんもネットやSNSを閲覧ができます。

しかし、外出先でMAP・翻訳・ネットを閲覧したいときにWIFIが飛んでいないと通信ができずスマホはただの荷物になってしまいます。

そこでSIMフリースマホが必要になります。

お持ちのスマホがSIMフリーであれば現地SIMを挿入すればスマホ単体で通信が可能になり電波が届く位置であればいつでも通信ができます。

渡航前にご自分のスマホがSIMフリーか確認してみてください。(My docomo/My au/My Softbankから確認できます。)

SIMフリースマホの購入をお考えの方はOPPO RENO Aがオススメです。

・デュアルSIM(2枚のSIMが使用同時通信可能)
海外SIMと日本で使用しているSIMの同時通信が可能。
海外にいても日本の電話番号で電話を受けられます。

※海外滞在時は日本で使用しているSIM通信のローミング通信をOFFに設定。

(日本のSIM通信が海外滞在中に通信が行われてしまうと莫大なデータ通信料の請求がされます。)

海外現地SIM(SIMフリースマホとセット)

海外SIM入手方法
・現地空港で購入
・現地スマホショップで購入
・日本のECサイトで購入

SIMフリースマホがあってもSIMがなければ渡航先で単体スマホ通信ができません。

渡航先で簡単にSIMを入手する方法は空港。

空港でSIMを交換するメリットはスタッフがSIM交換をしてくれます。

デメリットとしてイミグレ通過するまでWIFIでしか通信できない事です。

たいがー
たいがー
海外現地SIMは渡航先でしか入手できないかと思っていませんか?

日本でも海外SIMを入手できます!

AMAZON・楽天・YAHOOで渡航前に入手可能です。

SIMを購入すると設定の説明書を付属されているため簡単に設定が可能。

飛行機の中でSIMを差し替えて飛行機が着陸したら設定するだけ。

せっかくの旅行、限られた時間を有効活用するため日本での海外SIMの購入をオススメします。

※海外SIMを購入する際は有効期限/データ量/対象国を確認

海外でスマホを使用する方法

国際ローミングサービス(万人におススメしません)

(利用している人を見た事がない。)

三大キャリアパケット定額サービス

キャリア名 サービス名 一日定額通信料金 備考
docomo WORLD WING 2,980円~ 無制限
au 世界ダブル定額 1,980円~ 24.5MB~2,980円
SOFT BANK 海外パケットし放題 1,980円~ 25MB~ 2,980円

国際ローミングサービスは日本で使用している電話番号そのままでデータ通信を行う事ができるメリットがあります。

注意点

日本から電話がかかってきた場合、着信するだけで着信料金がかかります。(例:韓国 70円)

日本から海外にいる人に電話をかけた場合も国際通話料金がかかります。例(韓国 57円/30秒)

また、滞在先の国で電話をかける場合も日本の通話料は適用されず国際通話料金になります。

例(韓国→韓国 50円/1分)(韓国→日本 125円/1分)(韓国→韓国、日本以外 265円/1分)

国際ローミングサービス メリット

・日本の電話番号を使用できる(ポケットWi-Fiを使用しても日本の電話番号は使えます。)

・SIM解除できないスマホでも使用できる(ポケットWi-Fiを使用すればSIM解除のできないスマホでもデータ通信できます。)

デメリット

・圧倒的に高い

海外ポケットWI-FI

海外ポケットWI-FI(レンタル)

私は過去に2回ほど海外ポケットWI-FIを利用したことがあります。

渡航日、当日でも空港のカウンターでポケットWi-FIをレンタルする事もできます。

当日、カウンターでポケットWI-FIをレンタルすると事前予約よりも割高になってしまいます。ポケットWi-Fiを利用される方は事前にネットで予約する事をおススメします。

ポケットWi-Fiのメリット

・日本の電話番号を海外でも使える

・複数人でポケットWI-FIを共有できる(共有人数によって一番格安。)

ポケットWIFIのデメリット

・ポケットWi-Fi一つの為、同行者と別行動をした時ポケットWi-FIが使用できない人が出る

・国際ローミングサービスよりは安いが海外SIMと比較した時は高い

・ポケットWi-Fi本体が嵩張る。

・充電する機器が増える

某ポケットWIFI会社の料金の例

渡航先 1日料金プラン(500MB)  1日料金プラン(1GB) 1日料金プラン(無制限) 30日プラン(1日/500MB)
韓国 540円 1,280円 2,080円 14,200円

渡航先 韓国 1日レンタル料金 540円(早割り)~ 500MB内

500MBならば動画を見なければ許容範囲です。ホテルではホテルWi-Fiを使用すれば問題なし。

※スマホのデータローミングは必ず切る事データローミング:日本の携帯会社が使用できない地域で現地のデータ回線を使用してデータ通信を行う。)

データローミングを切っておかないと莫大な通信料を請求される恐れがあります。必ず切る事!

モバイルWi-Fi

日本での使用、無制限、海外でも使用できるモバイルWI-FIもあります。(海外の場合データ使用料に注意。詳細は下記)

国際ローミング、海外ポケットよりも安く海外SIMより安く使用できるケースも。動画など見なければ十分な容量です。

モバイルWI-FIを検討されている方で渡航予定のある方は一つの選択肢として検討しても良いと思います。

代表的な海外で使用できるモバイルWi-fiは【限界突破WiFi】

渡航先 1GB/7日 3GB/30日間
東南アジア、東アジア含めほぼ使用可 1,880円 3,980円

モバイルWi-Fi のメリット

・日本でモバイルW-FIを使用して海外に行く予定がある人

・あまりデータ通信は使用しないでホテルやFREE Wi-Fi中心にスマホを使う人

・海外でデータ通信費を安く抑える

・海外で日本の電話番号を使える

モバイルWi-Fiのデメリット

・外出先で頻繁にデータ通信を使うとすぐに規定データ量に達してしまう。

・日本でモバイルWi-Fiを契約していなければ使用できない。

※海外でモバイルWi-Fi使用時には必ずデータローミングをオフにしてください。莫大なデータ通信料の請求の恐れがあります。

モバイルWI-FIのススメ

話は脱線してしまいますが日本でモバイルWi-Fiを持っていれば便利でコスパが良い。格安SIMでないキャリアを使用すると最低データプランが2,900円~/1か月(~1GB)。私はどんなにデータ通信を使用しなくても月に3GBは行きます。

そんなストレス抱えるなら格安SIMに乗り換えて使いたい放題のモバイルWi-Fiに乗り換えた方がお得ですよね。

海外SIM

コスト、利便性、国際ローミングの高額請求のリスクを考えたら格安SIMがおススメ。

海外SIMを使用する前提としてSIMフリーのスマホ、タブレットを所持していなければ使用できません。

(3大キャリアではスマホを分割購入した場合、一定の期間(3大キャリアは100日~101日)はSIMロック解除を行えない。)

海外SIMの購入方法

渡航先の空港で税関を通過すれば現地の通信会社が立ち並んでいます。お店でプラン(使用日数/容量)を選択しSIMを購入。

スマホを店員に渡せば設定をしてくれるので楽です。コスパもポケットWi-Fiレンタルするよりもお得です。

渡航前に日本ECサイト(楽天、AMAZON,YAHOO)でSIMを購入する

日本ECサイトで旅行者用の海外SIMが売られています。

今回、初めて渡航前に楽天で海外SIMを購入しました。現地空港で買うよりは若干高い気がしますが飛行機降りてすぐに使用できる事ができるのでイミグレで待たされても時間潰しができます。

AIS TRAVELLER Simカード【タイ5日間・2GBデータ通信!】タイ短期旅行や出張におススメ!4G・3G

価格:1,180円
(2020/2/6 21:54時点)
感想(0件)

料金日本語の説明書も付属されていましたがSIMを差し替えるだけで使用できました。

日本ECサイトでタイ TRUEMOVE(通信会社)5GB/8日間を購入した時は1,300円

タイ/スワンナプーム空港で購入した場合6GB/8日間 299B(800円~900円)

料金と設定を考えたら現地でSIM購入をした方が安いです。(国によって異なります。)

海外SIMをメリット

・海外での電話番号を持つことができる

・とにかく安い。

・国際ローミングの心配がない(日本のSIMを差していないので)

海外SIMのデメリット

・日本の電話番号を使用できない

・SIMフリーのスマホがないと使用できない

・データ量が定められている為、既定のデータ通信量に到達した時点でデータ速度が低速になる。

まとめ

国際ローミングはお金があってもおススメしません。海外で日本の電話番号を使いたければポケットWi-FiもしくはモバイルWI-FIを使用した方が絶対お得です。(その際はデータローミングをオフにする事。)

私は海外旅行の時は海外SIMを利用します。仕事電話がストレスの原因になっている為海外に来てまで電話に縛られたくはないので…

ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、海外SIMもLINEやSkypeがあれば世界各国どこでも連絡が取れます。

海外旅行が身近に感じてられるのもネットのおかげかと思います。ネットがあれば安全の確認、ホテル予約、タクシー、翻訳も全て日本語でできます。

これから海外行かれる方へ。この記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

-離婚