婚活

【ひとりで婚活】ひとりで参加できる婚活パーティー

年齢が上がれば上がるほど出会いは少なくなるものです。

出会いの手段として気楽に参加できるお見合いパーティーが存在します。

お見合いパーティー、婚活パーティー、カップリングパーティーなど様々な呼び方があります。

呼び方にリンクしてパーティー形態が変わるかと言うとそうでもなく、パーティーの質や男女比率も運営会社に

より様々。悪質な運営会社もあるので見極めが大切です。

婚活パーティーの種類

カップリングパーティー

ひとりで婚活パーティー お見合いパーティー マッチングパーティー

オススメ度

全国規模の企画運営会社が主催するカップリングパーティー ★☆☆☆☆

地域密着型が運営する企画運営するカップリングパーティー ★★★☆☆

カップリングパーティーの概要

日本全国、各地域で開催されています。

予算 男性 5,000円~ 女性 無料~

名前の通りカップリングパーティーです。

奥手の人でも1対1で話す機会が設けられているので初心者でも参加しやすいと思います。

優良運営会社は、男女比率を6:4位で調整するので高いお金を払った男性が女性と話せなかったと言うリスクが減ります。

優良会社があれば悪徳運営会社も存在します。

悪徳運営会社は、男女比率はめちゃくちゃ。酷いときは男女比率8:2なんて事も多々あります。

優良運営会社の見極め

ネットで口コミを見る。

ネット上での書き込みは否定的なコメントが多いですが参考程度には見ていた方が良いです。

定員人数がの「残り僅か」がずっと続く。

ほとんどお見合いパーティーには募集定員があります。

毎週の様に近隣で開催しているカップリングパーティーの運営会社の募集定員を毎日、チェックして見てください。

定員変動が無いようであれば男性客の釣りです。

1回参加して確認する事が一番。

カップリングパーティーのメリット

一人参加しやすい。

話す機会は必ず設けれられる。

若くてかわいい子が多い気がします。

カップリングパーティーのデメリット

女性は無料のパーティーが多い為、常連が多い。

女性は無料の為、暇つぶしも多い。

女性のサクラも存在する。

フリータイムで消極的な人は、異性に話を書けることが出来ず、時間を過ぎるのを待つだけになってしまう。

運営会社によって男女比率がめちゃくちゃ。

街コン、市町村、自治体が開催するお見合いパーティー

オススメ度

市町村、自治体が主催する街コン、お見合いパーティー ★★★★☆

街コンの概要

最初に結論から言うと市町村が主催する街コン、お見合いパーティーはお勧めします。

女性も参加費が発生する為、本気度が違います。

予算 男性 5,000円~ 女性 3,000円~

自治体によって様々なイベントを開催します。

BBQだったり街コンだったり、料理婚だったり。

飲食物もそこそこ楽しめてコミュニケーションを取る時間が多く色んな異性と親密になれ仲良くなれます。

スタッフの方は、不慣れな感じはするが誠意を持って参加者に接してくれます。

仲良くなれば、その場で連絡先交換等したり、最後のマッチングでカップルになる事もあります。

安心して参加できます。

市町村、自治体が企画しているお見合いパーティーに優劣は付けにくいですが悪徳と言われる

お見合いパーティは民間に比べてかなり少ないと思います。

しかし、市町村が運営しているお見合いパーティーは制限が厳しいです。

住まい、年齢、職業。身元がハッキリしていないと断られるケースが多いです。

真剣に婚活している方には安心して参加できるお見合いパーティーです。

男女参加比率が偏ると中止

男女比率を6:4位に調整するので受付締め切りまでに募集人員が揃わない場合はお見合いパーティーは中止になるケースもあります。

参加を楽しみにしている方には、残念かもしれませんが比率が9:1で開催されるより中止にして頂いた方が

無駄な出費、時間を抑えることが出来るのでありがたいです。

募集定員になると即受付終了

男女比率を安定させるために募集定員を満たしたら即受付終了です。

民間運営会社は、定員オーバーしても受付しているケースが多いです。

メリット

一人参加しやすい。

話す機会は必ず設けれられる。

飲食物がそれなりに充実している。

男女ともに真剣な方が多い。

カップリングパーティーのデメリット

男女比率が合わない場合、中止になる。

募集定員が少ない。

募集要件がキッチリしている。

お見合いバスツアー

オススメ度

お見合いバスツアー ★★★★☆

お見合いバスツアーの概要

お見合いバスツアーを企画運営している会社は、主に大手運営会社や市町村です。

イチゴ狩や中華街など様々な場所、内容です。

例)集合場所:東京駅 集合時間:7:00 目的地:山梨でブドウ狩り 解散時間 21:00

観光気分でバスに乗って見知らぬ異性とコミュニケーションを取りながら観光地の名産を堪能できコスパは、良く楽しめます。(昼食込み、施設への入場料も含まれる事もあります。)

女性も参加費が発生する為、本気度が違います。

予算 男性 9,000円~ 女性 6,000円~

バスツアーに関しては大手運営会社でも定員に満たないと中止します。

バスの座席数、バスチャーター料金を考えれば当たり前ですね。

長時間、一緒にいると親密度が上がります。

大手運営企画会社の企画でもそれなりに楽しめます。

見知らぬ人達と見知らぬ土地へ行くわけですから自然と話がはずみます。

よっぽど粗相ををしない限りカップルにならなくても連絡先交換は出来ると思います。

企画によってコスパは変わりますが、飲食が付くのでコスパは最高です。

男女参加比率が偏ると中止

男女比率を6:4位に調整するので受付締め切りまでに募集人員が揃わない場合はお見合いパーティーは中止になるケースもあります。

募集定員になると即受付終了

男女比率を安定させるために募集定員を満たしたら即受付終了です。

婚活バスツアーのメリット

一人参加しやすい。

話す機会は必ず設けれられる。

飲食物がそれなりに充実している。

観光もできる。

婚活バスツアーのデメリット

男女比率が合わない場合、中止になる。

募集定員が少ない。

バス移動、長時間拘束されるため、帰りたくても帰れない。

まとめ

他にも様々なパーティーはありますが私が体験した代表的な婚活パーティー3種類を公開しました。

悪徳でも優良でも積極的に行動できなければ婚活をしても結果はでません。

「一人じゃいけない。」とか言っている人はお金をかけて結婚相談所に行った方が良いかもしれません。

婚活パーティーは、過程だったり出会いだったりを楽しめばいいと思えば楽ですよね。

そこにいる人は皆、目的は一緒(中には裏心ある方もいますので…)

お見合いパーティーでカップルになっても付き合うまで至らない事は多々あります。

そこでカップルになる事が最終目的ではないですから。

まずは、気軽に参加できるカップリングパーティーに参加してみては?

 

 

-婚活